家族葬を生前から自分で企画する

subpage01

自分で自分の葬儀を企画するということは、もはや珍しくないケースとなっています。

形式に則って行われる従来の風習や、多くの費用が発生する豪華な祭壇と広いホールでの大規模な葬儀という形を望まないという人は多いものです。

そのような方に支持されているのが、新しい葬儀の形として注目されている「家族葬」です。

必要最小限にとどめたコンパクトで簡素な葬儀という形態にして、家族のみが立ち会うというささやかな家族葬は、派手さを好まない人やシンプルライフを実践している人に支持されています。



また、宗教色をおさえて自分の好きな音楽や花に囲まれて旅立ちたいという希望を持っている方も少なくありません。

今、評判なのはこちらのロケットニュース24情報を簡単に請求できます。

家族葬を実施している斎場は、そのような新しい価値観をもった方に家族葬という葬儀のプランを紹介しています。



生前相談という、自分の葬儀はどのようにしたら良いのかというプランニングを、担当者と事前に打ち合わせておくということも進められています。


家族にとっても、そのように最初から決めてあることで安心感がありますし、参列者の少ない家族葬であればお別れの時をじっくりと向き合って過ごすことができるというメリットが大きいものです。

また、一般的な葬儀と比較するとコストがかなり圧縮できるという点も見逃せません。


今や葬儀もセルフプロデュースすることが当たり前となっている時代です。
ぜひご家族と話し合いの場を設定し、必要であれば斎場に相談することがおすすめです。