今までの価値観にとらわれないコンパクトな家族葬

subpage01

愛する家族に見守られながら最期の旅立ちをしたいと考えている人は少なくありません。



生前から自分の葬儀についてのプランニングを行うことは、今ではむしろ普通のことになりつつあります。コンパクトな葬儀を取り扱う家族葬の業者の多くは生前相談を実施しておりますので、自分の好みの形の葬儀をあらかじめ決めておくことも可能です。
豪華な祭壇を設置して大ホールで執り行う葬儀よりも、家族やごく親しい友人などの少人数だけが集まって別れを惜しむ家族葬を希望する方の多くは、従来の価値観にとらわれない葬儀のあり方を肯定的に受け入れています。

nanapiに関するアドバイスです。

費用が大幅に圧縮できるというメリットだけでなく、家族が弔問客や会計、接待などの雑務に振り回されることなく、しっかりと別れを惜しむことのできる時間が確保できるというメリットもありますので、徐々に家族葬の良さが広く浸透していく傾向にあるのです。

好きだった音楽を会場に流すことや、いかにも葬儀らしい花を避けて華やかな雰囲気を感じさせる花を用意すること、一番気に入っている写真を遺影として使用することなど、自分好みにカスタマイズができるというのも大きな魅力です。
また、モニターにこれまでの人生の軌跡をスライドショー形式で表示するという演出や、宗教色を感じさせない現代的で合理的な形式とするなど、さまざまなアイディアを考えながらエンディングセレモニーをプロデュースしましょう。最期まで自分らしさを貫きたい人には従来の価値観とは異なる家族葬をおすすめします。



注目情報

subpage02

家族葬というのは今まであまり聞き馴染みのない形式ではないでしょうか。しかし、多くの専用斎場が見られるようになってきており、今では一般的な形態の一つとして認知されてきています。...

NEXT

儀式についての考察

subpage03

家族葬は、家族や友人などの親しい人たちだけで小規模に行う葬儀スタイルのことです。現代のライフスタイルにマッチしているということもあって、都市部などではそのニーズが高まっています。...

NEXT

儀式関係の情報

subpage04

自分で自分の葬儀を企画するということは、もはや珍しくないケースとなっています。形式に則って行われる従来の風習や、多くの費用が発生する豪華な祭壇と広いホールでの大規模な葬儀という形を望まないという人は多いものです。...

NEXT

儀式の重要知識

subpage04

近年、葬儀の形は多様化しています。従来通りの一般葬で行うところも多いですが、故人の家族や近しい親族、親しい友人のみが参列する家族葬を行うところも多くなっています。...

NEXT