どう対応する?家族葬の連絡を受けた時

subpage01

近年、葬儀の形は多様化しています。
従来通りの一般葬で行うところも多いですが、故人の家族や近しい親族、親しい友人のみが参列する家族葬を行うところも多くなっています。
地域によっては家族葬を行った割合が一般葬を上回っているところもあるほどです。
家族や近親者のみでの葬儀がこれほど行われるようになったのは、遺族が儀礼的な弔問客への対応をせずに済み、故人と近しい人たちと心穏やかに故人を悼むことができ、一般葬に比べ精神的な負担が少ないというのが大きな理由のようです。


弔問客が来ることを避けるため、家族葬を行うときは、葬儀が終わってから知らせることが多いようです。



しかし、葬儀の知らせをしなかったことに対して不満が出ることもあるため、葬儀の前に連絡を入れ、家族のみで行う旨を伝えるというケースもあります。
それでは、もし葬儀の連絡を受け、家族葬で行うと言われた場合はどう対応するべきでしょうか。
参列すべきか辞退すべきか迷う間柄の時は、連絡を受けた時に参列していいかをどうかをきちんと確認するといいでしょう。

もし遺族が参列を希望している場合は、そう伝えてくれるでしょう。

ビジネスジャーナル情報サイトを活用しましょう。

また、家族葬では香典や供花も辞退することが多くあります。

連絡を受けた際、香典などは辞退すると言われた場合は渡さないでおきましょう。


良かれと思って香典を渡しても、遺族に返礼品を用意する手間を掛けさせることにもなり、負担をかけてしまいます。

弔電を送ることは問題ありません。



遺族の気持ちを尊重して行動するようにしましょう。