家族葬を選ぶ際に注意しておきたいこと

subpage01

家族葬は、家族や友人などの親しい人たちだけで小規模に行う葬儀スタイルのことです。



現代のライフスタイルにマッチしているということもあって、都市部などではそのニーズが高まっています。また、親しい人たちだけで行われるため、アットホームな雰囲気で行えるなど、メリットが多い葬儀スタイルだと言えますが、一方で注意しておきたい点もいくつかあります。
まず1つ目の注意点は、「参列できない人が現れる場合がある」ということです。

T-SITEサイト利用者からとても評判です。

家族葬では参列者を身内などに限定して行うため、参列したくてもできないという人が出てくる可能性があります。


元々参列する人があまり見込めないような場合は問題にならないと言えますが、あえて参列者を限定する場合は、事情をあらかじめ説明して理解を求める必要があるでしょう。



2つ目の注意点は、「葬儀後の対応に追われる場合がある」ということです。つまり、葬儀に参列できなかった人が、後日、自宅へ弔問に訪れる場合があるということです。その場合は、弔問する日時などについて連絡を取ったり、自身の都合をつけるなどする必要があるでしょう。
3つ目の注意点は、「香典収入があまり見込めない」ということです。
葬儀費用は香典収入によって軽減することができますが、家族葬の場合は、参列者が少ないため香典収入は少なくなってしまいます。
しかし家族葬は、一般の葬儀と比べて葬儀費用(支出)が安く抑えられるため、全体の費用としては安く済ませることも可能です。